ブログ更新情報をお届けします。メールアドレスご登録ください。

© ジェネシス・デマンドクリエーション All rights reserved.

【DCの視点】ユーザベースが業界分析データベース「SPEEDA」にABMを実現する新機能を追加

『デマンドクリエーション』では、最近公開されたニュースリリースや記事から「注目情報」を取り上げ、独自の視点で解説していきます。今回注目したのはこちら。


ユーザベースが業界分析データベース「SPEEDA」にABMを実現する新機能を追加


ユーザベースはセールスフォース・ドットコムおよびSansanと連携し、提供する業界分析データベース「SPEEDA」に「自動ターゲティング」機能をリリースしたことを発表した。

これは2016年7月にリリースしたターゲットリスト機能を進化させたもの。ターゲットリスト機能では、SPEEDAが格納する国内企業データからシナリオに該当する企業を抽出し、業界や地域などの細かい条件で絞り込んだ営業候補先をリストアップできた。

今回の自動ターゲット機能では、SalesforceとAPIを通じて接続して顧客情報を自動で取り込み、名寄せに掛かる手間を大幅に削減できるようにした。また、抽出したデータにSansanのクラウド名刺管理サービスに蓄積した名刺情報も付与されるため、ターゲットとなるアカウント(企業)へのアプローチが容易になる。

出典元はこちら(Itmediaマーケティング 2016年9月2日発表)

※記事公開から日数が経過したリンクは、正常に遷移しない場合があります。ご了承ください。


『デマンドクリエーション』の視点

ユーザベースが業界分析データベース「SPEEDA」にABMを実現する新機能を追加について、「デマンドクリエーション」の視点で解説します。


2016年、B2Bマーケティングの世界で急速に台頭してきたキーワードが「ABM(Account Based Marketing)」です。

“Account”とは、マーケティング対象となる法人・組織のことを意味します。すなわち、「ABM」では、個人単位ではなく、「法人・組織単位」でマーケティングを行う方法のことです。

近年、MA(Marketing Automation)の普及を後押ししてきたマーケティング方法は、「インバウンドマーケティング」と呼ばれるコンセプトでした。

「インバウンドマーケティング」の基本的な流れは、

・ネット広告や展示会など様々な方法で獲得した見込客に対し
・主にメールマーケティングを通じて自社商品に対する理解促進や興味喚起を行う
・見込み客のメールの開封やクリック、資料ダウンロードなどの反応状況を分析しながら
・「有望見込客」を絞り込み営業担当者に渡す

というものです。

ポイントは、個人としての見込客をとにかくたくさん集めて、その中から「有望見込客」を抽出することにあります。玉石混交の見込み客を「ふるい」にかけ、有望見込客だけを選り分けるようなイメージでしょうか。

ターゲットを絞り込んでアタック

ターゲットを絞り込んでアタック

一方、「ABM」では、大量の見込客を集めることをそれほど重視しません。むしろ、獲得した見込客が所属している企業の業種や規模(売上や従業員数)、および部署や役職などのデータ分析を最初に行い、自社のターゲットにふさわしいと思われる法人・組織にターゲットを絞り込み、最適なコミュニケーションを展開していきます。

また、ABMでは、法人・組織単位で見込客を括り、どの部署のどの役職の人が何人くらい存在しているかといった分析を行います。分析の対象が、個人ではなく組織という点であるということが、インバウンドマーケティングとは大きく異なるわけです。

漁法に例えるなら、「インバウンドマーケティング」が地引網で大きな魚も小さな魚も丸ごと捕るのに対し、「ABM」は、クジラ(大物)を最初から探し出して狙いをつけ、「銛」で射るようなものでしょうか。

こうしたABMを実行するうえで最も重要なのが、見込客データの整備すなわち「データマネジメント」です。

ABMにおいては、前述したように、初期の段階で見込客一人ひとりについて、所属企業名や業種、規模、部署、役職といったデータを確実に結びつけて、企業属性に基づく分析を行う必要があります。

また、同じ企業であるにも関わらず、正式名称と略称が混在して登録されていたりすると、法人・組織単位で見込客を括ることができません。したがって、高い精度の企業名や個人名での「名寄せ」の作業も重要です。

ユーザベースの業界分析データベース「SPEEDA」に自動ターゲット機能が付加され、名寄せに掛かる手間を大幅に削減できるようにしたということは、ABMのためのデータマネジメントに投じなければならない手間・コストを軽減したいという要望に応えるものだと思われます。

ABMの取り組みで先行する米国では、データマネジメント関連のソリューションツールを提供する企業がすでに多数存在しますが、日本>ではまだまだこれからです。ユーザベースの「SPEEDA」を始め、様々な企業からABMのためのデータマネジメント・ソリューションが今後、登場することでしょう。要注目です。


前の記事|          |次の記事


更新情報やセミナー等の情報をメールにて配信します。
配信希望の方は以下フォームよりご登録お願いします。

個人情報保護方針に同意いただけましたら、ご登録ください。
※メール配信開始後、メールの配信停止を希望される方は、メール下部より配信停止設定を行うことができます。


関連記事

成果を出すマーケティングオートメーション ~導入から運用まで、意外な場所に潜む落とし穴について~ 第3回

前回の「成果を出すマーケティングオートメーション ~導入から運用まで、意外な場所に潜む落とし穴について~ 第2回」では、マーケティングオート…

動画でOne To Oneマーケティングを実現する「GDCパーソナライズ動画」

ジェネシスコミュニケーションの動画でOne To Oneマーケティングを実現するソリューションの紹介です。 GDCパーソナライズ動画 ■…

【セミナーレポート】サイトリニューアルにおける最新テクノロジー導入方法とポイント ~AI時代に目指すべきカスタマーエクスペリエンスとは?~

2017年4月21日、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社様、および株式会社ジゾン様とジェネシスコミュニケーション…

成果を出すマーケティングオートメーション ~導入から運用まで、意外な場所に潜む落とし穴について~ 第2回

前回の「成果を出すマーケティングオートメーション ~導入から運用まで、意外な場所に潜む落とし穴について~ 第1回」では、マーケティングオート…

セミナー紹介

【2017年6月】マーケティングセミナー&イベント紹介

デジタルマーケティング関連のセミナーやイベントを毎月ピックアップしてご紹介します。 ■HeartCore体験セミナー 開催日…

【DCの視点】AIを活用し、パーソナライズ化された具体的な提案をMAツールで

『デマンドクリエーション』では、最近公開されたニュースリリースや記事から「注目情報」を取り上げ、独自の視点で解説していきます。 今回注…

成果を出すマーケティングオートメーション ~導入から運用まで、意外な場所に潜む落とし穴について~ 第1回

これまで当デマンドクリエーションでは、マーケティングオートメーション(以下、「MA」)に関して、その基本的な考え方や仕組み、コミュニケーショ…

広大なweb上の情報を把握・分析できるサービス! Genesis Web Crawler(Genesis Webクローリングサービス)

クラウド型の「Webクローリングサービス」Genesis Webクローリングサービス Genesis Web Crawle…

【DCの視点】MAでパーソナライズド動画が活用可能に、『OneDouga(ワンドウガ)』がMarketoと連携

『デマンドクリエーション』では、最近公開されたニュースリリースや記事から「注目情報」を取り上げ、独自の視点で解説していきます。 今回注…

20174/28

サービス等生産性向上IT導入支援事業者に弊社が認定されました

マーケティング支援事業を展開する株式会社ジェネシスコミュニケーション(本社:東京都千代田区、代表取締役:杉田裕一)は、経済産業省委託事業であ…

【DCの視点】Marketo ABM、10社以上のパートナーと協業により効果的な分析・予測が可能に

『デマンドクリエーション』では、最近リリースされたニュースから「注目すべきリリース」を取り上げ、独自の視点で解説していきます。 今回注…

マーケティングオートメーションはマーケティングに何をもたらすか?

■そもそもマーケティングオートメーションとは? ■マーケティングオートメーションの導入は何をもたらすのか ■DMPとの連携で…

デマンドクリエーションNEWS(2017年4月25日号)

デジタルマーケティングに関連するプレスリリースや、インタビュー記事、解説記事などをご紹介していきます。 【キーワードリスト】 …

【DCの視点】ブロックチェーン技術を応用した、地域活性施策とは

『デマンドクリエーション』では、最近リリースされたニュースから「注目すべきリリース」を取り上げ、独自の視点で解説していきます。 今回注…

デマンドクリエーションNEWS(2017年4月18日号)

デジタルマーケティングに関連するプレスリリースや、インタビュー記事、解説記事などをご紹介していきます。 【キーワードリスト】 …

セミナー紹介

【2017年5月】マーケティングセミナー&イベント紹介

デジタルマーケティング関連のセミナーやイベントを毎月ピックアップしてご紹介します。 ■Web&デジタル マーケティング EXP…

【DCの視点】チャット広告で、 広告配信をより効果的に運用することが可能に

『デマンドクリエーション』では、最近リリースされたニュースから「注目すべきリリース」を取り上げ、独自の視点で解説していきます。 今回注…

【DCの視点】インターネット広告に関する意識調査、クリックされない広告から考える広告施策の指標と対策

『デマンドクリエーション』では、最近リリースされたニュースから「注目すべきリリース」を取り上げ、独自の視点で解説していきます。 今回注…

【DCの視点】マーケティング論の視点で、企業が提供すべき「価値」とは

『デマンドクリエーション』では、最近リリースされたニュースから「注目すべきリリース」を取り上げ、独自の視点で解説していきます。 今回注…

ライブチャットやAIの活用が進むデジタルマーケティング ~「人間化(ヒューマニゼーション)」の潮流を見逃すな~

■優れた「顧客体験」を提供するための「鍵」とは? ■優れた「顧客体験」を生み出すMOWの仕掛け ■「ヒューマニゼーション」に…

【DCの視点】インターネット広告が全体の2割を超えた、2016年日本の広告費

『デマンドクリエーション』では、最近公開されたニュースリリースや記事から「注目情報」を取り上げ、独自の視点で解説していきます。 今回注…

【セミナーレポート】MarkeZine Day2017 Spring_「SATORI導入100社から見えたMAベストプラクティス10選」(SATORI株式会社)

マーケター向けメディアMarkeZine主催の「MarkeZine Day2017 Spring」が、2017年3月1日(水)~3日(金)の…

【DCの視点】イノーバとPDRの協業で、MA・コンテンツマーケティング・インサイドセールスを統合したサービスが提供開始

『デマンドクリエーション』では、最近公開されたニュースリリースや記事から「注目情報」を取り上げ、独自の視点で解説していきます。 今回注…

【DCの視点】「DECode(デコード)」高度な分析機能を付加したDMPでコミュニケーションの最適化を

『デマンドクリエーション』では、最近公開されたニュースリリースや記事から「注目情報」を取り上げ、独自の視点で解説していきます。 今回注…

【セミナー情報】サイトリニューアルにおける最新テクノロジー導入方法とポイント ~AI時代に目指すべきカスタマーエクスペリエンスとは?~

終了しました デマンドクリエーションサイトを運営する株式会社ジェネシスコミュニケーションが、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリュ…

【DCの視点】ビックデータのさらなる活用へ、ドコモと博報堂がO2Oマーケティング分野で提携

『デマンドクリエーション』では、最近公開されたニュースリリースや記事から「注目情報」を取り上げ、独自の視点で解説していきます。 今回注…

【DCの視点】ABPで疲弊しない、効率的な営業活動

『デマンドクリエーション』では、最近公開されたニュースリリースや記事から「注目情報」を取り上げ、独自の視点で解説していきます。 今回注…

セミナー紹介

【2017年4月】マーケティングセミナー&イベント紹介

デジタルマーケティング関連のセミナーやイベントを毎月ピックアップしてご紹介します。 ■Google アナリティクスで取得できる…

「実践!ABM入門」 ~ABM(Account Based Marketing)を実践するために必要なデータ収集と分析手法~

ABMについて本記事でご紹介する内容 ・ABMとは何か? ・MAを活用したABMの実践 ・MAツールを活用したABMの基本手順 ・A…

【DCの視点】イードと楽天リサーチの連携で、WEB接触者の意識や感情についてより深い洞察を得ることに

『デマンドクリエーション』では、最近公開されたニュースリリースや記事から「注目情報」を取り上げ、独自の視点で解説していきます。 今回注…

ページ上部へ戻る